作業療法士:日々の思考・思案日記

仕事での疑問や考えたこと、最近ハマっている認知運動療法について書いていこうと思います。皆様、ぜひとも感想を頂けたらと思いますので宜しくお願いします m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

認知運動療法Basicコース まとめ①

講習会にて学んできたことをまとめたいと思う。

まず、認知運動療法がどのようなものか?の説明よりも、日々の疑問とそれについて書いてみたい。

<疑問1>
外来で仕事をしているが、通院時において全身の筋緊張があがっているため、訓練開始直後、リラクゼーションや関節可動域訓練を行う(筋緊張を落とし、体の調節を行う)。そして、各目的ごとにリハを展開する。認知運動療法(以下ETC)では、どのような展開をしていくのか?
<疑問2>
ボバースは、中枢から抹消へアプローチしていくが、ETCではどうか?
<疑問3>
堤緊張や弛緩性麻痺の場合は、どのようにしてアプローチを掛けていくのか?
<疑問4>
”運動イメージができた状態”をどのように評価・判断するのか?
<疑問5>
高次脳機能障害(失行・半側空間無視・失調など)へのアプローチ方法は?

これが大きく分けると、初めの段階での疑問でした。


さて、
ETCの説明に入りたいと思います。
注)現段階での自分の理解度であり、謝っていること大なので大目に見て下さい。
スポンサーサイト

認知運動療法 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<不思議な体験 | HOME | 認知運動療法Basicコース>>

この記事のコメント

先ほどはブログにコメントをいただきましてありがとうございますv-352

こして同じ分野のブログをされている方で出会えて嬉しくお思いますv-22

もしご迷惑でなければ相互リンクをお願いしたいのですが、いかがでしょうかv-361
2008-11-03 Mon 21:33 | URL | 白いなまけもの [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。